お正月におせちやお餅などご馳走をたくさん食べて少々お腹がぷっくりしている人が多いのではないでしょうか。松の内を過ぎることになると、健康のためにそろそろ日常の生活に戻すことが必要ですね。

さて、本題に入る前にもう一度、中性脂肪とコレステロールについて復習しておきましょう。

体内にある4種類の脂肪
人間の体内には4種類の脂肪が存在します。中性脂肪は3つの脂肪酸とグリセロールという物質が結びついたもの。脂肪酸はすぐに使えるエネルギー、中性脂肪は貯蔵用のエネルギーです。一方、同じ脂肪でもコレステロールは体内の細胞膜やホルモンの材料なのです。

脂肪酸 生きていくために、また、活動するために必要なエネルギーとして利用される。
中性脂肪 別名、トリグリセライド。脂肪細胞の中に貯えられている。必要に応じて脂肪酸になり、エネルギーとして使われる。
コレステロール 細胞膜の構成成分。ステロイドホルモンの材料、胆汁酸の材料にもなる。
リン脂質 細胞膜の構成成分。疎水性物質の親和性を保たせる。

コレステロールには善玉といわれるHDLと、悪玉といわれるLDLがあります。LDLは食物から取り入れられたり肝臓で合成され、血液中を通って全身に運ばれて細胞膜やホルモンの合成に使われます。ところが、血液中のLDLが増えすぎると血管壁の傷ついたところなどに付着し、結果的に血管が細くなり動脈硬化の原因になります

一方、HDLは血管に付着したLDLを取り去って肝臓に運ぶはたらきをします。体内に多ければ多いほどいいのですが、現代の日本人は逆パターンの人が多いようです。コレステロールを増やす食品としては肉類が代表的。現代の肉中心の食生活で、LDLは増える一方のようです。

最近、血液中の中性脂肪が増えると、善玉・HDLコレステロールを減らし、悪玉・LDLコレステロールが増えてしまうことがわかってきました。つまり、中性脂肪の増加によって動脈硬化を促進させてしまう可能性があります。これが「脂質異常症(高脂血症)」といわれる病気。血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが基準値を超えてしまった状態のことです。

歩くことの効用
歩くという運動は単に足腰の筋肉を鍛えるということにとどまりません。心肺機能を高め、免疫力を向上させ、血行を良くして冷え性を改善するなどいいことずくめです。なかでも注目したいのは、歩くことでHDLコレステロール値が上がるということです。厚生労働省の調査では、毎日の歩数の多い人ほどHDLコレステロール値が高いという関連が報告されています。

電車通勤のサラリーマンの平均歩数は一日6000歩くらいと言われますが、健康のためには一日1万歩(高齢者では6000歩)が目標とされています。そこで、あと4000歩、時間にして30~40分ほど多めに歩くといいでしょう。

脂肪を燃やす鍵
脂肪分解酵素のリパーゼは、約20分間体を動かして体温が1~2度上がった状態でもっともよく働きます。それまでの運動ではエネルギーとして血中脂肪が使われており、そのあとリパーゼが本格的に働き出して体脂肪の燃焼が始まります。

速足で歩くと20分ほどで身体が温まってきます。これは脂肪が燃え始めたサイン。それまでにやめてしまうと体脂肪を燃やすことができません、もし、30分歩いても体が温まらないようなら少し運動量が不足しています。スピードを上げて手足を大きく振って大きなストライドで歩くようにするよいでしょう。

0