新宮を愛する我がらのコミュニティ・サイト

1翔猿 星取表 (2020年秋場所)

  • HOME »
  • 1翔猿 星取表 (2020年秋場所)

翔猿 星取表 (2020 秋場所)
相 手 勝敗 決まり手 動画 備考
1 志摩海 寄りきり    
2 松鳳山 叩きこみ    
3 琴勝峯 引っ掛け    
4 魁聖 送り出し    
5 琴恵光 寄り倒し    
6 豊昇龍 突き落し    
7 千代大龍 下手出投げ

 

 
8 佐田海 突き落し    
9 明生 押し出し    
10 竜電 下手投げ    
11 阿武咲 叩きこみ    
12 若隆影 叩きこみ    
13 隆の勝 送り出し    
14 貴景勝 叩きこみ    
15 正代 突き落し    
11 勝 4  
4日目:自身より61キロ重い巨漢の魁聖を送り出し、
「大きい人に勝てば、会場も盛り上がる」と満足そう。
7日目:新入幕の翔猿が1敗同士の千代大龍を下からしつこく攻め、最後は出し投げで転がした。気っ風のいい相撲に甘いマスクも相まって「しこ名入りのタオルが増えていてちょっと人気が出てきたかな」
 11日目:9勝目を手にした飛猿は気迫のこもった表情でさがりを抜いた。「逃げずにどんどん攻めようと思った。思いっきり行った」出かけたけ返しをとっさにやめた。8日目の佐多の海戦で墓穴を掘った反省が頭をよぎり「パッと判断できた。集中できている」。下から押しいなして土俵にはわせた。
日本相撲協会の審判部は秋場所13日目の25日、この日の取組終了を待たずして、14日目の結びの一番に大関貴景勝と新入幕の翔猿を組んだ。12日目終了時点で、2敗で並走している。貴景勝は18年九州場所以来2度目の優勝、翔猿は106年ぶりの新入幕優勝が懸かっている。新入幕力士が大関と対戦するのは、14年秋場所の逸ノ城以来、戦後13人目。

 

1+

観光情報

0

Count per Day

  • 430951総閲覧数:
  • 28今日の閲覧数:
  • 191昨日の閲覧数:
  • 2016年3月28日カウント開始日:

QR Code

PAGETOP
Copyright © 新宮ネット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.