与謝野寛の歌碑

与謝野寛(鉄幹)は新宮を2度訪れた。
「高く立ち 秋の熊野の海を見て 誰そ涙すや 城の夕べに」

1906年来訪の折に詠んだとされている。

0