1930(昭和5)年7月、料治熊太(1889-1982)によって創刊された版画同人誌。谷中安規が係わるのは1932(昭和7)年の第22号からと、同じく料治によって刊行された「版芸術」第2号からですが、以後、両誌が終刊する1937年頃まで、谷中と料治の緊密な関係が続きます。

「白と黒」第41号(1933年10月)は谷中安規が編集し、谷中作品のみ12点が綴じられた特集号になっています。展示してある24号(1932・昭和7年6月)は、谷中作品1点が掲載されています。

(写真は、昭和17年、春夫が描いて贈った油彩画・谷中45歳)

【出典:佐藤春夫記念館・企画展「谷中安規と佐藤春夫」】

0