ネットオークションで買い物をしたり、不要になったものを出品して販売することは案外面白いものです。長年所有していたものでも意外によい値段で売れることあります。あまり多くはありませんが、私のヤフオク経験を少し披露しましょう。

10年以上前に3万円ほどで買ったポーターの3wayバッグがヤフオク!で何と18000円で売れました。せいぜい10分の1の3000円にでもなればと思っていたので思わぬ臨時収入になりました。買い手の受け取り確認のメールには、以前同じ商品を別の人から買ったのだけど汚れがひどくて失敗だったけど、今回は美品でうれしかた。過去の失敗を取り戻せたようでほんとうに嬉しかったとお礼まで言われたのには驚きました。

また、私はジャイアンツファンで、松井秀喜が若い時からホームランを1本打つたびにその写真をカードにして発行されていたホームランカードをコレクションしていました。ヤンキースで現役生活を終えてこの企画は終了となりましたが、身近に譲る人もいなかったので全部処分しようと思いヤフオク!に出品してみたら結構売れました。不用品を処分するのにいいと聞いてはいましたが、運がいいのかうまく売れるので気をよくして他に売るものがないかと探してみました。

いろいろと出てきました。若い時にオーストラリアで買ったテンガロンハット。そう、水を汲むと10ガロンほど入るのでその名がついたといわれるあのカウボウイハットです。もうかぶることはないのでこれもヤフオク行き。

さらに子供が小さい時にお菓子を買うとついてきたビックリマンシール。こんなものでもコレクターというのはいるもので、その人たちにとっては「全部そろっている!」というのが快感のようで、たった一枚欲しさに10枚でも20枚でも買っていきます。それから、出品が多いのは、子どもが買い集めたコミック漫画。これは1巻から何巻までと揃っていると売りやすくまとめてど~んと処分できます。

いくらで売れるかは、やはり商品の元々の値段と保存具合、つまり、自信を持って「美品」といえるものであればそこそこで売れるようです。自分にとっては不用品でも、そのものを探している人がたった一人でもいれば価値あるものになるのです。私の少ない経験からいうと、まあ買値の10分の一で売れれば御の字としたところでしょう。そう思っていれば、時には3分の一や半値比較で売れることも無きにしもあらずです。

もしあなたが暇を持て余しているのなら、一度やってみたらいかがですか? 楽しいですよ! ヤフオクで買うのは無料ですが、出品するには、Yahoo!プレミアム会員になる必要があり、月410円の会費が必要です。無料ではありませんが、ちょっと売れたらすぐに元がとれるので、楽しみと思えば安いものです。ギャンブルで大きなお金を賭けるより健全といえるでしょう。

パソコン用のサイトだけではなく、スートフォンやタブレット用のアプリもあります。もし売れなくても被害はそれほどある訳ではないので、ボケ防止にいいかもしれませんよ。

(八咫烏)

 

0