スマホを持つようになったら、まずお勧めのアプリは、LINE(ライン)です。英語式に下がるように(↘)発音するのではなく、平坦に(→)ラ・イ・ンと発音します。インターネット業界でこれまで急激に発展した企業として、検索大手のYahoo!やGoogle、ネットショピングのAmazonや楽天、ソーシャルネットワーク・サービス(SNS)のFACEBOOKやTWITTERなど、代表的なブランドが多数ありますが、そのどれにも負けず急速に登録者を増やしていったのがLINEです。

LINEを定義するとすると、「利用者同士で情報を共有するSNS」でしょうか。最大の特徴は他のSNSとは異なる独自機能が充実しているということですが、実際に使ってみなければその魅力はわかりにくいようです。LINEの主な機能は、「無料通話」「トーク」「スタンプ」の三つあります。利用者登録をすることで、この三つの基本機能が利用できます。

「無料通話」では、登録をしておけば、その友達同士で無料で電話ができます。インターネット回線を利用しているので料金が発生しないのです。同様に「トーク」では、無料でメールが利用できます。試してみると、通常のメールソフトを使ってのメールより簡単で使い勝手がいいです。しかも、複数の友達が同時に会話もできます。

さらに、独特の機能で人気を博しているのが「スタンプ」というもの!トークの時に気持ちを表す「笑顔」や「失望」など感情を表すスタンプがたくさん無料で提供されており、文章で表しきれない感情も伝えることができると評判です。有料(100円から)でも安価で利用できて利用者が増えているようです。

子供がスタンプを使っているのを見ていて楽しそうなので試してみると結構はまりました!相手がなにか失敗したとトークで連絡してきたときに送るのに丁度よい「指を前方に指し出して、大口を開いて笑っているスタンプ」を見つけたときは傑作だと思いました。今まで、電話やメールでは味わえなかった不思議な感覚があります。

いくら説明してみても、実際にやってみなければ分からないと思います。周りの誰かがLINEを利用していたら、一度どんなものか見せてもらってみるといいでしょう。世の中楽しくなりますよ!老後の趣味としてすでに何かお持ちの方はいいですが、趣味もなく何もすることもないなんて寂しいではありませんか。

また、LINEは、無料でできるゲームも提供しています。ポコパンとかポコポコとかいって、やってみるとこれがまたハマるんです。ゲームなんて馬鹿らしいと思うかもしれませんが、あの加山雄三がPCゲームに夢中になっていることをご存知ですか。好き嫌いはあるにしても、何か趣味を見つけて夢中になるということは悪いことではないと思いますがいかが。元気の源になればそれでいいと思います。

LINEはスマホだけでなく、パソコンでも利用できます。パソコン用のアプリをダウンロードして使います。使ってみればその便利さに驚くこと請け合いです。

(八咫烏)

0