愛犬と散歩中にスマホでラジコを聞いていたら、参考になることを言っていたので備忘録として記録します。それは、冷蔵庫の使い方のコツです。ベテラン主婦にとっては釈迦に説法でしょうが、一人暮らしを始めたばかりの人には役に立つでしょう。

①冷蔵室を効率よく冷やすには、あまり詰め込まずに少し余裕の空間を残すことが基本です。よくわかっているつもりだけど、ついつい詰め込んでしまいますよね。理想は7割程度とのこと。

②冷凍室の場合は、逆に、隙間なく詰めるほうが冷却効率がいいそうです。空間があると、冷やさなきゃと判断して、より電気代がかかることになります。100均で売っているアルミシートを敷くと効率がよくなるとのこと。

③オリジナル味噌汁の具パック
新たに野菜などを購入した時に、カットして一人分の「味噌汁の具」を作って冷凍しておくと便利。例えば、白菜やキャベツ、キノコ類、玉ねぎ、あさりなど味噌汁の具材となるようなものをカットして小分けにして保冷バッグに詰めて冷凍しておくと、帰宅が遅くなった時などに、お湯を沸かして味噌を溶くだけで簡単に味噌汁ができます。

④③の小分けした具材などを冷凍庫に入れるとき、できるだけ保冷バッグを平らにしておくと効率がよい。そして、普通は、上下に重ねて置いてしまいがちですが、そうすると下のものが見えません。べたっと重ね置きせずに、立てて置くようにすると全部が見えていいそうです。この時、100均で買える金属製のブックエンドを使うと、うまくまとめられます。

ブックエンドは、我が家でも前から実践していますが、具材パックまではやっていませんでした。一人暮らしや、夫婦共働きなど忙しい人にはいいかもしれませんね。

0