5月24日、J1ヴィッセル神戸が、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを完全移籍で獲得したことを正式に発表した。イニエスタが、スペイン・リーグ名門クラブ、FCバルセロナを退団すると表明して以来、その去就は世界のサッカー界の大きな関心事であった。

日本円にして年俸32億5000万円という破格の契約で世界的トッププレイヤーがJリーグでプレーすることになり、果たしてどのような効果をもたらすことになるのか注目される。神戸は果たして採算が取れるのか気になるが、日本サッカー界全体に話題を提供したことは間違いない。楽天の三木谷社長のやることだから抜かりはないのか。

さてこのイニエスタがワイナリーを持っていることをご存知でしょうか? 彼は非常にワイン好きであり、ブドウ農園、ワイナリー「ボデガ・イニエスタ」(「Bodega」はスペイン語で酒蔵、ワイナリーの意)、レストランを故郷の村で経営している。

今日は、イニエスタのワインのひとつを紹介しよう。
ボデガ・イニエスタ・コラソン・ロコ・ティント 2011
「コラソン・ロコ」とはクレイジー・ハート、つまり 熱狂的な想いを意味しており、イニエスタの情熱が伝わってくる一品といわれる。サッカーファンなら一度試しに飲んでみてはいかが。

0