和 名 アネモネ
花言葉 はかない恋、真実
英語名 anemone
別 名 ボタンイチゲ、ハナイチゲ
分 類 キンポウゲ科イチリンソウ属  
原産地 地中海沿岸  
花 色 白、青、赤、紫色など  
花 期 4~5月  
メ モ 学名はギリシャ語で「風anemos」の意。ギリシャ神話には悲恋の伝説が多い。有毒植物で草汁などでもかぶれることがある。
神 話 花の女神フローラは、風の神ゼフュルスが自分のことを好きだとばかり思っていたら、実は彼が好きなのは侍女のアネモネだった。これを知って激怒したフローラは、アネモネを花に変えてしまった。このギリシャ神話が花言葉のいわれだが、早春のギリシャの野原では今もアネモネは心地よさそうに風に吹かれている。アネモネと風の切っても切れない絆なのである。
0