新宮を愛する我がらのコミュニティ・サイト
新着記事

豆知識

「ワインで乾杯!」の記事に寄せて

「ワインで乾杯!」の記事を興味深く読ませていただきました。フランスでは、昔は幼子にも薄めて飲ませたものだという件はまさに文化の違いを感じました。小さい頃、赤玉ポートワインをこっそり盗み飲みしたのはよかったものの、顔が真っ …

雨の呼び名について⑦~こんな雨の名前もある?

これまで、春から冬までそれぞれの季節に降る雨の名称についてみてきましたが、随分たくさんあるものですね。世界でもこれほどたくさんの雨の名前がある国は珍しいのではないでしょうか。 きっとこれは、四季がある日本において長い間い …

雨の呼び名について⑥~冬の雨

冬の雨の呼び名の中でみなさんが一番よく知っているのは、おそらく「氷雨(ひさめ)」ではないでしょうか?往年のヒット曲に歌われた「氷雨」という言葉は、ただその言葉を聞くだけで、人の心を寂しくさせるような何かを持っているような …

樹木の効用 ーケヤキを例に考えるー とてつもない恩恵

昨日に引き続き私の住むマンションの話題です。私たちを癒してくれる木々の話をしましたが、8月の末に、友人の一人が寄稿した記事に驚きました。彼は最近知り合ったばかりの友人ですが、北欧産の40度もある強烈に強い酒をぐいぐい飲ん …

雨の呼び名について⑤~秋の雨

今年は日本全国でとんでもない猛暑に見舞われ、各地では記録的な暑さが話題となりました。それでも9月ともなると、少し秋の風が感じられるようになってきた気がします。さて、今回は秋の雨についての表現です。 「秋の雨が降れば猫の顔 …

樹木の効用 ーケヤキを例に考えるー とてつもない恩恵

私の住むマンションのホームページ制作に携わっていることを以前お伝えしましたが、そのサイトに面白い記事が投稿されたので紹介します。 ——————&#8 …

篆刻

最近、開催したフォトコンテストで入賞者に賞状を進呈することになり、どのようにして賞状を手配するかを関係者で話し合った。たまたま、実行委員会のメンバーの中に旦那さんが篆刻をやられる方がいると聞き、「ハイムのひろばをつくる会 …

雨の呼び名について④~雨の状態

「むらさめの 露もまだひぬ 槇の葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ」~寂蓮法師 子どものころ、まだ覚えきれない百人一首の句の中で、何故かただ一首だけ真っ先に覚えて、この句だけは誰にも取らせないと必死になっていたのを思い出しま …

雨の呼び名について(付録)~春雨という名前の由来

「春雨」の語源は「春しい雨」だそうで、「しい雨」とは、しょぼしょぼ降る小雨のこと。「春のしい雨(春の小雨)」から「春雨」に変化したようです。「はるあめ」ではなく「はるさめ」という読み方も「小雨(こさめ)」「氷雨(ひさめ) …

雨の呼び名について③~夏の雨

雨に関する言葉で夏と聞いて誰もがすぐに思いつくのは「夕立」ですよね。夕立という現象は、気象学的には驟雨、にわか雨、雷雨、集中豪雨といった現象にあたり「夕立」という独立した現象があるわけではありません。 ただ、通常の驟雨な …

1 2 3 8 »

観光情報

0

カテゴリー

Count per Day

  • 379681総閲覧数:
  • 170今日の閲覧数:
  • 252昨日の閲覧数:
  • 2016年3月28日カウント開始日:

QR Code

PAGETOP
Copyright © 新宮ネット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.