新宮を愛する我がらのコミュニティ・サイト
世界遺産として世界に認められた郷土、紀州・熊野・新宮の歴史や文化を再認識し、同郷の先輩たちが世に残した素晴らしい功績を紹介します。そして、私たちはその進取の精神をしっかりと受け継いで、次の世代へと伝えていきたいと思います。

新着記事

ソフィアさんちのチルちゃんと僕(10)~間逆の真実③~

「さようなら~!観音様~!また来てね~!」 「は~い! では、まず“時事新報”について簡単に話しておくわね。」 「“時事新報”とは福澤諭吉の三大事業(慶応義塾、時事新報、交詢社)の一つとして、福澤先生が在野で取り組み続け …

ソフィアさんちのチルちゃんと僕(9)~間逆の真実②~

「わーい!炎の観音様だ!人間がアリンコみたい!」 「僕なんか小さいから、きっと観音様には分かんないよ」 「いいえ、観音様はどんな小さな生き物でも慈愛の目で見ておられるのですもの、クーちゃんが分からない筈はないわ。 目を閉 …

ソフィアさんちのチルちゃんと僕(8)~間逆の真実①~

「ウワ~ッ!チルちゃん、チルちゃん!観音様だ~!」 「僕、僕、ず~っといい子だったよね」「観音様に抱っこしてもらえるかな~」 「クーちゃんもソフィアさんにいっぱい抱っこしてほしかったのね。ごめんね、私ばかりソフィアさんに …

ヒメギフチョウの比較

左側より順にヒメギフチョウ(♀)ヒメギフチョウ(♂)と比較の為のギフチョウ(♂)です。 ヒメギフチョウとギフチョウの比較 ★ヒメギフの方がやや小振り ★翅形がやや丸味を帯びてる、 …

ソフィアさんちのチルちゃんと僕(7)~雑談とは⑥~

「オオゴマダラちゃんがお迎えにきたよ!」 「おしゃべりが相当長くなったわね。天国の門が閉まる時間が近づいてきたわ。」 《古典音律(ウェルテンペラメント)で調律したピアノでのシューベルトの歌曲は、特にすばらしい音楽となりま …

ソフィアさんちのチルちゃんと僕(6)~雑談とは⑤~

「わ~い!アオタテハモドキだ!」 「騒がないでクーちゃん。そうね。初めて聞く言葉では意味が分からないわよね」 「じゃあ、今回は古典音律についての説明をしますね。ソフィアさんが相当調べていたので、私も少しくらいなら覚えてい …

ギフチョウ

ギフチョウについて記載してきたが、異常型にも他に、全体的に色素の淡くなった、黄色と黒のコントラストがハッキリせず、茶色のギフチョウ(茶ギフ)だとか、山形県鶴岡市金峰山の麓に見られる、異常に黄色い帯が広く発達した、金ギフと …

ソフィアさんちのチルちゃんと僕(5)~雑談とは④~

「わあ!オオムラサキちゃんも!」 「華やかなお友達ばかりね。では、みんな一緒に静かに聞いてね。」 《もちろん、その本に書かれてあることを、実際に自分のピアノで再現するためには、古典音律の理論を理解し、それらの調律調整がで …

ギフチョウ 美しき異常型2

判別ができましたか? 右側の上下に配置したギフチョウの前翅(上側の翅)黄色い帯が外縁に向かってY字状に伸びているンーマル型(左側)に対してH字状に黄色い帯がくっついていますね! この4頭のギフチョウは全て同一産地(福井県 …

ソフィアさんちのチルちゃんと僕(4)~雑談とは③~

「あっ! また友達が来た!」 「こんどはミヤマカラスちゃんね。では、続きを読んでいくわよ。」 《(故)中川牧三先生(日本イタリア協会会長)のところでは、オペラばかりのレッスンだから移調演奏することはなかったし、歌曲での移 …

観光情報

0

Count per Day

  • 438779総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 977昨日の閲覧数:
  • 2016年3月28日カウント開始日:

QR Code

PAGETOP
Copyright © 新宮ネット All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.