HOME検索
この投稿欄は、南紀ヨットクラブ(NYC)の会員が
航海の記録や会員相互の情報交換に利用するものです。

また、同クラブの活動を支援する新宮ネットのユーザー
が、クラブ会員との交信に利用することができます。
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
修正キー (英数8文字以内)

 ヴィトンバッグコピー  ヴィトンバッグコピー  2019年3月15日(金) 7:24
修正
おすすめ人気ブランド腕時計, 最高等級時計大量入荷!
◆N品質シリアル付きも有り 付属品完備!
☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆
以上 宜しくお願い致します。(^0^)
広大な客を歓迎して買います!── (*^-^*)

 快走  venus  2018年12月26日(水) 13:59
修正
2018.12.24
13:30-17:00
那智から新宮港沖まで、強風の中、快走!
日没近くになると寒い。

 DOT艇 船遊び  joy艇  2018年4月15日(日) 16:44
修正
2018-3-29
オーストラリアから50フィートヨットをシングル来てるDOT艇でのクルーズご招待にあずかりました。
DOT艇船長は1991メルボルン−大阪 ダブルハンド参加者で今年メルボルンー大阪のお迎えに日本再来です。
メルボルンー大阪は通年開催レースで無いので珍しい事です

レースは4月15日
位置で日本に近いのはMorning Star
最も早く大阪に到着はChinese Whisperで4月22日早朝の可能性
BlueWaterTracksで2018メルボルンー大阪5000マイルの状況確認出来ます。

DOT艇船長さんのご招待で那智の沖合をセーリング体験
参加者
那智勝浦のホテル浦島さん対岸の岸壁駐車場のキャンピングカーキャンパーさん数名
浦神ヨットマン、Y氏(三輪崎ヨットクラブ)
JOY艇+1(前日にDOT艇船長、熊野三山参拝に新車提供
     軽自動ですが、オッサン3人乗っても軽快な走り スズキハスラーターボ良いです)
前日予報では風が陸からがフィリピン東方に台風発生が影響したのか太平洋からの風が若干吹く状況、
しかし流石50ft艇 船内で暖房用に普通の石油ストーブが接岸中は使用できるだけの安定感
クルーズゲストが非常にリラックして熊野灘から山並みを堪能し
更に
船長のオモテナシ
最初に
流石に潮風が寒いだろうとコーヒーを作って配りの
各ゲストに声を掛けてコース説明とか
お菓子を配ったりしながらジブ操作し
メインシート操作しも普通にしながら
更に小腹が空いただろう頃合に
焼きオニギリ配ったりの
実に楽しい非日常を楽しめた一時でした。

船長の様なオモテナシと船が在れば
ヨット人口も増えるだろうと思いますね・。

ありがとう





 勝浦港一周  VENUS  2017年5月22日(月) 9:28
修正
joy号の大島さんと、勝浦港までセーリング。

真夏のような暑さの中、いい風は半分。あと無風状態。

ホテル中の島を一周ですね。

ホテル浦島の方角へ

<写真@>VENUS 大石

<写真A>joy号 大島

 Re:    2018年3月15日(木) 22:15 修正
ご情報ありがとうございます



http://www.yoluxfans.com

 2014.04.11 和ちゃん(田中和子さん)から質問「ヨットの手入れって?」  VENUS  2017年4月11日(火) 9:58
修正
和ちゃん、おはよー! 新宮も大雨、強風です!桜満開のなか、可愛そうな天候やね〜。

<ヨットの手入れの件>
ヨット、漁船、、、。全ての船は年に数回、ヨットの場合は2mぐらい深く、キールが付いていて、上架作業が大変(普通の船と違って、特殊な船台使用。しかもフィッシャリーナ那智のスロープは満潮時しか船台にヨットが乗らない)なので年に1回。陸に上架して、船底に付いたフジツボや貝をスクレイパーで落とします。電動やエアーのグラインダーで船底塗料の表面をならすように削っていきます。もちろん工具が入らない場所は手作業で削ります。
表面の粉を取り除いてから、プライマー(下地)、船底塗料の順番で塗っていきます。
とにかく大変な作業です。私のヨット (ヴィーナス)は1人で丸3日以上はかかります。実際は、ダラダラと2週間かけて、、、。

スロープからヨットを陸に上げる場合を上架、反対が下架作業といいます。

カナやんのラー3世は大型ヨットなので、フィッシャリーナ那智では、とても上架不可能なので、設備の整った、本当のマリーナで、クレーンでベルトをかけて吊り上げます。ヨットには最適な上架方法です。今回も、ラー3世は大分県別府市で上架、船底掃除をする予定です。

<写真@>ラー3世 2015年8月に別府北浜ヨットハーバーで上架した時の写真です。
<写真A>JOY号  2014.04.09 フィッシャリーナ那智で下架作業

 逆風に屈せず、順風に油断せず!  八咫烏  2017年4月11日(火) 12:01 修正
なるほど、ヨットにはキールがついているから、普通の船と違って上架、下架が大変なんだ。しかも年に数回、よく分かりました。

僕も、約5年前、長年の会社勤めから解放されたとき、心の奥底に染み付いた世のしがらみというフジツボを少し落とせたような気がしています。

これからの人生は、ヨットのように毎年、身体と心のメンテナンスをしながら、逆風に屈することなく、順風に油断せず、楽しく生きていきたいと思います。

1 2 3 4 5  過去ログ全 35件 [管理]
CGI-design